MEDIA JAPAN

What we do
事業内容

シンガポール唯一の、
日本語無料ビジネス情報誌AsiaX

320web__H1_Cover (1)

「AsiaX(アジアエックス)」はシンガポールを中心に、東南アジア各地で働く人々に役立つ情報をお届けするビジネス情報誌です。ビジネス層をメインターゲットとしている日本語の無料情報誌はシンガポールでアジアエックスだけ。

内容は取材や寄稿に基づき、当地のニュースやインタビュー、特集、企画、コラム、求人・求職情報などで構成されています。シンガポールや周辺国の時事・社会問題、経済・金融情勢、法律、文化・イベント、飲食・生活情報まで、ビジネスに役立つ新鮮な情報を幅広く提供しています。

  • 創刊
    2004年7月
  • 発行
    月1回、毎月1日
  • 部数
    約15,000部(在星日本人に対し 5割近くの配布率!)
  • 版型
    A4、左開き
  • 編成
    オールカラー 40P〜
  • MCI(P)
    088/03/2017
  • URL
    http://www.asiax.biz

Point 1

主要読者は
シンガポールで働く日本人
主要読者の男女比は、男性約60%、女性40%。
年齢層は男女とも30代から40代が中心で、10代から60代以上まで幅広い年齢層に支持されています。

Point 2

外出先・オフィスで効率的に
読者にリーチ
配布
島内300箇所の配布チャネル。
伊勢丹、明治屋、紀伊国屋、日本人会、日系クリニック10ヶ所以上、シェアオフィス、日本食を中心にした130ヶ所以上のレストラン、ホテルなど。
郵送
日系企業を中心に、独自のデータベースで2,000件以上のオフィスに毎号無料郵送。

Point 3

ウェブ、SNS、電子ブックとの
相乗効果
毎日更新されるウェブサイトでは、記事のバックナンバーも公開しています。1日平均約1万3,000ページビュー(2016年12月現在)。
TwitterやFacebookも毎日更新。AsiaX最新号や耳寄りな情報満載のメールマガジンも読者の方々へ直接お届け。バックナンバーも電子ブックでご覧いただけます。

http://www.asiax.biz

History of AsiaX
AsiaXの軌跡

  1. 2004年 創刊
    2004
    創刊
    2004年7月に創刊されたAsiaX第一号。文章は縦書きで左開き、紙の質も今より新聞に近いものでした。
  2. 2007年 創刊100号
    2007
    創刊100号
    記念すべき創刊100号の表紙には、故リー・クアンユー元首相にご登場いただきました。
  3. 2009年 元旦特集号
    2009
    元旦特集号
    毎年元旦に発行するスペシャル号。全ページにわたる特別なデザインと内容で、読み応え満点です。
  4. 2014年 創刊10周年特集号
    2014
    創刊10周年
    特集号
    創刊10周年を記念して、シンガポールの10年間を振り返るニュースなどをご紹介しました。
  5. 320web__H1_Cover (1)
    2017
    現在
    紙面改訂にてバージョンアップし月刊誌となりました。これからもビジネスに役立つ情報やコラムなどをお届けしていきます。